Joe Sample – Carmel (日本語版)

フュージョンと言えば、真っ先に管理人の頭に思い浮かぶのが「The Crusaders」である。 R&B/Soulファンにとっては、Street Life (1979) こちらがお馴染みだろう。  Joe Sampleはこのバンドのキーボード奏者であり、現在もアメリカを代表するジャズピアニストとして活躍している。 この曲は、Joe Sampleがソロになって2枚目のアルバム、Carmelに納められている。 カーメルとは、サンフランシスコから南へ200km下った所にある、美しい街を表す。そしてこのアルバムは、彼が当時モントレー半島を訪れた際、この街の美しさにインスパイアされた事から生まれたという。   カーメルとは、サンフランシスコから南へ200km下った所にある、美しい街を表す。そしてこのアルバムは、彼が当時モントレー半島を訪れた際、この街の美しさにインスパイアされた事から生まれたという。

1 2 3 4