Here is a video clip from a live TV Asahi morning news and information program that aired on March 8, 2012 in Japan called “Morning Bird.” The TV Asahi reporter is Mr. Toru Tamakawa and the expert is Dr. Hiroaki Koide, Research Associate at the Research Reactor Institute of Kyoto University. Dr. Koide believes that if another earthquake or strong aftershock causes a leak in the Fukushima Dai-ichi nuclear plant’s Unit 4 spent fuel rod pool, it could signal the end of the surrounding area and even Tokyo.

As reported by Energy News:

“Most discussion of the No. 4 spent fuel pool has focused on an earthquake causing the pool to collapse. This video is different because it reveals:

  1. A crack, rather than the collapse of the pool itself, can be the end of Tokyo
  2. The quake that could put a crack in the pool and be the end of Tokyo does not have to be a large one
  3. The sense of shock when people in Japan are made aware of this information for the first time”

Why the sense of alarm? Via the “Solid Earth,” a peer-reviewed open-access journal published by the European Geosciences Union (EGU):

“There were 20 times more quakes in 6 months after 3/11 than in previous 9 years!

From March 11 to October 27 last year, the carpet of sensors around Iwaki recorded an astonishing 24,108 shocks measuring at least 1.5 magnitude, 23 of them notching up a powerful 5.0 or more.

By comparison, from June 3 2002 to March 11 2011, there was only 1,215 such events.”

A shout out to YouTube’s Tokyobrowntabby for the hard work! Please feel free to leave your comments.

[ad}

Original Japanese Text:

小出裕章もう見ていただいて分かるようにここにプールがあってその底に使用済み燃料がたくさん溜まっているもしこれから大きな余震でも起きてここの壁が崩壊するようになればプールの水が抜けてしまいますので使用済みの燃料を冷やすことができなくなるそうするとどんどん更に溶けてしまうということになって使用済み燃料がたぶん全て溶けてしまうだろうと思いますそうなると使用済み燃料の中に含まれていた膨大な放射能が何の防壁もないここから外に噴き出してきてしまう<地震が来ない内に使用済み燃料を抜き出して><横にプールでも造って移せばいいんじゃないですか>ところが使用済み燃料を空中に吊り上げるようなことをすると使用済み燃料から膨大な放射線が飛び出してきていますので周辺の人達はもう死んでしまうしかないというくらいの強いオペレーションフロアの上に巨大なクレーンのようなものが見えますこれがクレーンで実は巨大な容器を吊り上げたり吊り降ろしたりするためのクレーンなんですがもうこの建屋自身がもう爆発で吹き飛んでしまっていますからもうこのクレーンすらが使えないやらなければいけないことはたくさんあってまずは使用済み燃料プールの中に崩れ落ちてしまっている瓦礫などをどけなければいけないそしてどけた後に巨大な容器を沈められるように何らかのクレーンのようなものを現場で動かせるようにしなければいけない外から巨大なクレーンで吊るということができるでしょうからその準備をするそして沈めてもうたぶん何がしか壊れているであろう使用済み燃料を巨大な容器に入れてそれをまた外に吊り上げるということをやらなければいけないただそういうことを全部やろうとするとたぶん何年という単位が必要になるだろうと思います<その何年という間に建物を壊すような地震が来たら>おしまいです<参照>福島第一原発4号機燃料プール

Source: http://ima-ikiteiruhushigi.cocolog-nifty.com/nature/2012/03/post-566d.html

Note: Please click on “cc” button at the bottom right of the YouTube window to show the English subtitles.